学生が知るべきオススメの安いジムを5選紹介!失敗談から後悔しないためやったこと。

トレーニング
プロフィール

プロフィールテキスト

月別アーカイブ

学生の皆さん、筋トレに興味はあるけれど、どのジムを選べばいいのか迷っていませんか?

私も最初は同じ悩みを抱えていました。高いジムに通ってみたけれど、思ったほど効果が出なかったり、逆に安すぎて設備が不十分だったり…。そんな経験を通じて得た失敗談から、今回は学生でも無理なく通えるコスパ抜群のジムを厳選して5つご紹介します!

これからご紹介するジムは、実際に私が通ってみて良かったと思える場所ばかりです。料金もリーズナブルで、営業時間も柔軟なので、忙しい学生生活の中でも安心して通えます。この記事を読んで、後悔しないジム選びを一緒にしましょう!

この記事でわかること

  • 学生が知るべきオススメの安いジム
  • 学生が知るべきオススメの安いジムを選ぶときに失敗談から後悔しないためやったこと。

学生が知るべきオススメの安いジム

結論:学生が行くならエニタイムフィットネスが一番です!!
理由:学割もすごくお得です。高校生の場合、親御さんがジム入っていれば無料になるからです。さらに、エニタイム会員さんのバランスも良く伸び伸びとトレーニングできます!!全国どこでも使えるのが最強ポイントですね!!

以下の表にオススメのフィットネスジムをまとめました。

ジム名料金(月額)営業時間評価(5段階)評価の理由
エニタイムフィットネス7000~10000円24時間営業★★★★☆24時間営業で便利だが、一部店舗で設備がやや古いことも。
ジョイフィット3,980円~24時間営業★★★★☆コスパが非常に良く、全国に多数の店舗があるが、混雑時は利用が難しい場合あり。
ゴールドジム7,700円~24時間営業★★★★★設備が充実しており、トレーナーの質も高い。価格はやや高めだが、価値あり。
24/7ワークアウト4000円~24時間営業★★★☆☆料金が高めで、個室トレーニングが主体。コストパフォーマンスはやや劣る。
ファストジム245,720円~24時間営業★★★★☆料金が安く、24時間営業。設備はシンプルだが、基本的なトレーニングには十分。

エニタイムフィットネス24h(高校生無料)

初めての方へ|エニタイムフィットネス (anytimefitness.co.jp)
  • 学生料金(月額): 7000~10000円(場所によって値段が違う)
  • 営業時間: 24時間営業
  • 評価(5段階): ★★★★☆
  • 評価の理由: 24時間営業で便利。高校生は無料で利用できる店舗もあり、コスパ良好。ただし、一部店舗で設備がやや古いことも。
  • 説明: エニタイムフィットネスは、世界中に店舗を持つジムチェーンで、24時間365日いつでも利用できるのが大きな特徴です。各店舗には基本的な筋トレ機器が揃っており、自由な時間にトレーニングができるため、忙しい学生にもぴったりです。また、一部店舗では高校生が無料で利用できるプログラムも提供されています。

ジョイフィット(24h)

JOYFIT24|フィットネス ジム|24時間営業
  • 学生料金(月額): 3,980円~(クラスによって値段が変わる)
  • 営業時間: 24時間営業
  • 評価(5段階): ★★★★☆
  • 評価の理由: コスパが非常に良く、全国に多数の店舗があるが、混雑時は利用が難しい場合あり。24時間営業も魅力。
  • 説明: ジョイフィットは、全国展開している24時間営業のフィットネスクラブです。リーズナブルな価格で豊富なトレーニング設備を利用できるため、学生にとって非常に経済的です。ジム内は清潔で、スタッフも親切ですが、人気のため混雑する時間帯があることがデメリットです。

ゴールドジム(24h)

ゴールドジム 公式サイト ( GOLD’S GYM OFFICIAL SITE ) | フィットネスクラブ・スポーツクラブ (goldsgym.jp)
  • 学生料金(月額): 7,700円~(クラスによって値段が違う)
  • 営業時間: 24時間営業
  • 評価(5段階): ★★★★★
  • 評価の理由: 設備が充実しており、トレーナーの質も高い。学生割引があり、24時間営業。価格はやや高めだが、価値あり。
  • 説明: ゴールドジムは、プロフェッショナルな設備とサービスが揃うジムとして有名です。トレーニングマシンやフリーウェイトの種類が豊富で、初心者から上級者まで満足できる環境が整っています。また、質の高いトレーナーが在籍しており、個別のトレーニングプランも提供されています。学生には割引があり、コストパフォーマンスも優れています。

24/7ワークアウト

パーソナルトレーニングジム・ダイエットジム 24/7ワークアウト (247-workout.jp)
  • 学生料金(月額): 4000円~
  • 営業時間: 24時間営業
  • 評価(5段階): ★★★☆☆
  • 評価の理由: 料金が高めで、個室トレーニングが主体。コストパフォーマンスはやや劣る。24時間営業が便利。
  • 説明: 24/7ワークアウトは、パーソナルトレーニングに特化したジムで、個別のトレーニング指導が受けられるのが特徴です。トレーナーがマンツーマンでサポートしてくれるため、短期間で効果を実感しやすいですが、その分料金が高めです。24時間営業なので、忙しい学生にも柔軟に対応できます。

ファストジム24

ティップネスが運営する24時間トレーニングジムファストジム24 – YouTube
  • 学生料金(月額): 5,720円~「高校生以上の学生は学割があります」
  • 営業時間: 24時間営業
  • 評価(5段階): ★★★★☆
  • 評価の理由: 料金が安く、24時間営業。設備はシンプルだが、基本的なトレーニングには十分。
  • 説明: ファストジム24は、リーズナブルな価格で24時間利用できるフィットネスジムです。基本的なトレーニング設備が揃っており、シンプルな環境で効果的なトレーニングが可能です。特に、コストを抑えたい学生にとって非常に魅力的な選択肢です。施設は清潔で、気軽に利用できるのが魅力です

学生が知るべきオススメの安いジムを選ぶときに失敗談から後悔しないためやったこと。

失敗談

8000円するジムに通っていたが料金が高くて、支払いが追い付かず断念。
料金の安いところに行くことで継続的に通うことができるでしょう。


ジムに通っている人たちの年齢層が高く、器具の独占があったりしたので断念。
周りの環境もすごく大事です。ゆったりしているジムだと集中力をそがれたり、雰囲気が重いところだと、気を使ったりしてします。自分のレベルにあったジムを探すために「体験をしましょう」

ジム選びに失敗して後悔することのないように、私が実践したポイントをお伝えします。これらのポイントを押さえておけば、あなたも理想のジムを見つけることができるでしょう。

料金の確認:ジムは1ヶ月いくらくらいですか?

ジムに通う前に、月額料金をしっかり確認しましょう。予算内で無理なく続けられるかが重要です。また、学生割引があるジムも多いので、その点もチェックしてください。

安さの理由を理解:ジムが安い理由は何ですか?

安いジムには理由があります。設備が少ない、スタッフが常駐していないなどの点があるかもしれません。事前にジムを見学し、自分のトレーニングに必要な設備が整っているか確認することが大切です。

割引やキャンペーンの利用:スポーツジムを安く利用する方法はありますか?

多くのジムでは、新規入会キャンペーンや紹介割引などを実施しています。これらの特典を上手に利用することで、さらに安くジムに通うことができます。特に学生割引は見逃せません。

無料利用のチャンスを活かす:高校生ジム無料

一部のジムでは、高校生が無料で利用できるプランがあります。特に夏休みや春休みなどの期間限定で提供されることが多いので、情報をチェックしておきましょう。

利便性を重視:ジム 安い 24時間

24時間営業のジムは、忙しい学生にとって非常に便利です。授業やアルバイトの後でも利用できるので、ライフスタイルに合わせて通うことができます。夜遅くや早朝でも開いているジムを選ぶと良いでしょう。

大学生専用プラン:大学生 ジム 安い

多くのジムでは、大学生専用のプランを提供しています。特に大学周辺のジムは学生を対象としたお得なプランが多いので、キャンパス周辺のジムを探してみてください。

高校生専用プラン:高校生 ジム 安い

高校生専用の割引プランを提供しているジムもあります。学校帰りに通いやすい場所にあるジムを選ぶと、無理なく通い続けることができます。

中学生でも安心:中学生 ジム 安い

中学生が通えるジムは限られていますが、安全性が確保されたジムを選ぶことが重要です。保護者の同意が必要な場合もあるので、事前に確認しておきましょう。

まとめ

以下の内容を最初に確認することで、最適なジム選びができ、楽しく効果的なトレーニングライフを送ることができます。予算内で続けやすく、自分の生活スタイルに合ったジムを見つけて、健康的な生活を手に入れましょう。どのジムを選ぶにしても、実際に見学や体験をして、自分に合った環境かどうかを確認することが大切です。後悔しないジム選びで、充実したトレーニングライフを楽しんでください。

  • 料金の確認: 月額料金と学生割引の有無をチェック。
  • 安さの理由を理解: 設備やサービス内容を事前に確認。
  • 割引やキャンペーンの利用: 新規入会キャンペーンや紹介割引を活用。
  • 無料利用のチャンスを活かす: 高校生が無料で利用できるプランを探す。
  • 利便性を重視: 24時間営業のジムを選ぶと便利。
  • 大学生専用プラン: キャンパス周辺の大学生割引プランをチェック。
  • 高校生専用プラン: 学校帰りに通いやすいジムを選ぶ。
  • 中学生でも安心: 保護者の同意が必要な場合を確認し、安全なジムを選ぶ。

関連記事
キック ボクシングで痩せる・痩せない部位を嘘偽りなく紹介!痩せるまでの期間は? – Muscle Sculptors (vdkkk1112.blog)
太りたい女性におすすめのプロテイン5選!効果的に体重増加する方法とは? – Muscle Sculptors (vdkkk1112.blog)
ソイプロテイン初心者の男性必見!おすすめ商品の口コミや高評価特集 – Muscle Sculptors (vdkkk1112.blog)
60代女性に効果的でおすすめのプロテイン選びを紹介!栄養バランスと美容効果を重視 – Muscle Sculptors (vdkkk1112.blog)

Follow me!

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました